京都でインプラント・歯科矯正なら、「四条」駅徒歩1分の四条烏丸グリーン歯科(緑和会)へ

診療のご予約お問い合わせは
0120-118-284

※無料相談のお時間は17:30まで

平日夜8時半まで診療
土曜・祝日診療
アクセス・診療時間はこちら

医療法人 緑和会|四条烏丸グリーン歯科

コラムCOLUMN

適切な歯磨きをする頻度とは

2015.12.07

歯磨きは大人から子供まで生活習慣の一つになっていますが、歯周病や虫歯の予防には必須となる重要なセルフケアです。そのため京都の歯医者でも定期健診の際に普段の歯磨きの方法や頻度などの相談を行っていますが、残念ながら全ての方が適切なケアを出来ている訳ではありません。京都の歯医者でもそうしたケアが不足している方の多くは歯垢が溜まっていたり、初期虫歯など何らかのトラブルを抱えています。そのため今後虫歯や歯周病にならないために適切なセルフケアを実施していくことが重要なのですが、京都の歯医者でよく聞かれる質問としては歯磨きの頻度についてです。 歯磨きは口腔内に残った食べかすや歯垢を綺麗に除去し、細菌の生息しない綺麗な口腔環境をキープするためのものですが、夜間勤務の方もいれば早朝から出勤する方もいらっしゃいますので、仕事の都合により物理的に実現可能な歯磨きの頻度や時間というものが出てきてしまいます。 京都の歯医者でも個々人のライフパターンに応じて相談をお受けしていますが、一般的に理想と考えられているのは朝昼晩の三度の歯磨きをすることです。これは数十年前に一大キャンペーンとして行われた歯磨き習慣を促すアピール活動によるものが大きいですが、今ではこの考え方が少し変わってきています。 京都の歯医者でもこうした一日三度の歯磨きに疑問を呈する医師も増えていますが、なぜなのでしょうか。そもそも歯磨きをする理由は食べかすや歯垢を除去するためだと書きましたが、人間には唾液という非常に強力なph調整機能が存在します。唾液は食事によって低下したphを回復し、歯をコーティングすることで酸から守るのですが、歯磨きやうがいなどによりこうした唾液の働きを阻害してしまうことがあります。 そのため京都の歯医者でも最近ではこうした食事直後の歯磨きは必要ないと考えている所が多く、最低でも起床後と就寝前に歯磨きをすればよいとしています。もちろん口の中の違和感や口臭対策など人によって理想的な歯磨きの回数というものが存在しますが、食後すぐに歯磨きは逆効果になることもあると覚えておいて下さい。 このように京都の歯医者でも最低でも朝と夜の歯磨きを推奨していますが、朝は口の中に細菌が繁殖し、生理的口臭の原因となるのでエチケットとしても必要になります。夜も就寝前に歯垢や食べかすを残したままでは虫歯や歯周病の大きな原因となってしまうので、ベッドに入る前には清潔な口腔内にしておく必要があります。このように京都の歯医者でも一日最低二回の歯磨きを推奨していますが、夜間勤務など生活パターンによって様々なケースが想定されるので、一度自分の歯磨きが適切かどうか定期健診の際などに医師にご相談下さい。
診療時間
9:30~13:30
*受付12:45まで
15:00~20:00
*受付19:30まで

△…9:00~13:30(*受付12:45まで) / 14:30~18:30(*受付18:00まで)

※金曜・日曜以外の国民の祝日は診療しております。
(9:00~13:30、14:30~18:30)

メールでの相談

診察・相談のご予約はこちら
0120-118-284 ※無料相談のお時間は17:30まで
〒604-8152
京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町670 京都フクトクビル2階

四条烏丸グリーン歯科

〒604-8152
京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町670 京都フクトクビル2階 [MAP]

0120-118-284※無料相談のお時間は17:30まで

pagetop