京都でインプラント・歯科矯正なら、「四条」駅徒歩1分の四条烏丸グリーン歯科(緑和会)へ

診療のご予約お問い合わせは
0120-118-284

※無料相談のお時間は17:30まで

平日夜8時半まで診療
土曜・祝日診療
アクセス・診療時間はこちら

医療法人 緑和会|四条烏丸グリーン歯科

コラムCOLUMN

親知らずの適切な治療方法とは

2015.12.05

京都の歯医者では、親知らずの治療に来ているという患者さんが少なくありません。 親知らずは、普通に生えている分には問題がありませんが、中途半端に生えていたり、また半埋伏となっている状態などの場合、そこから菌が入り、歯周病の原因となったり、歯が虫歯となってしまうケースが多いのです。 京都の歯医者では、このような親知らずの状態の方が多く、治療に来る方も少なくありません。 京都の歯医者では、親知らずがこのように虫歯になってしまう前に、なるべく抜歯などをおすすめしています。 なぜ、親知らずの抜歯を薦めるのか、というと、まず親知らずは歯ブラシの届かないような位置に生えていることが多く、多くの場合、ブラッシングで汚れを完全に取りきることができません。 京都の歯医者で、定期的にメンテナンスをするなどをして、汚れを除去する必要がありますが、忙しいとどうしてもさぼりがちです。 それでどうしても汚れが貯まりやすくなりがちです。 そのため、親知らずはほかの歯よりも虫歯になってしまうリスクが高く、またきづいたときには進行しがちなのです。 また、親知らずは、変な生え方をしているケースが多く、半埋伏であったり、隣の奥歯に重なり合っていることが多いのです。 このため、隣の奥歯にも、虫歯菌が入り込み、二つの歯が同時にダメになってしまうケースが多いのです。 このため、京都の歯医者では、親知らずがあまりしっかりと生えていない場合は、抜歯をお勧めするケースが多いのです。 虫歯になる前に、なるべく適切に抜くことによって、虫歯のリスクを下げることができます。 また、京都の歯医者で抜歯をすることにより、他の歯が虫歯になってしまうというリスクなどを下げることもできるのです。 しかし、親知らずの生え方によっては、抜歯が一般の京都の歯医者ではできないケースがあります。 この場合、大きな病院の、口腔外科において、親知らずの抜歯をする必要性があります。 しかし、適切にレントゲンを撮影し、医師の診断が必要となりますので、まずは気になる親知らずがある場合は、京都の歯医者にまずは相談をするようにしましょう。 その親知らずの状態によって、抜歯をするべきか、またしなくても良いのか、ということが分かります。 また、抜歯をするにしても、どの程度の時間がかかるのか、京都の歯医者でそのまま抜歯をすることができるのか、ということなどを知ることができますので、まずは適切な検査が必要となります。
診療時間
9:30~13:30
*受付12:45まで
15:00~20:00
*受付19:30まで

△…9:00~13:30(*受付12:45まで) / 14:30~18:30(*受付18:00まで)

※金曜・日曜以外の国民の祝日は診療しております。
(9:00~13:30、14:30~18:30)

メールでの相談

診察・相談のご予約はこちら
0120-118-284 ※無料相談のお時間は17:30まで
〒604-8152
京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町670 京都フクトクビル2階

四条烏丸グリーン歯科

〒604-8152
京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町670 京都フクトクビル2階 [MAP]

0120-118-284※無料相談のお時間は17:30まで

pagetop