京都でインプラント・歯科矯正なら、「四条」駅徒歩1分の四条烏丸グリーン歯科(緑和会)へ

診療のご予約お問い合わせは
0120-118-284

※無料相談のお時間は17:30まで

平日夜8時半まで診療
土曜・祝日診療
アクセス・診療時間はこちら

医療法人 緑和会|四条烏丸グリーン歯科

コラムCOLUMN

自分にあった歯ブラシの選び方

2015.12.08

京都の歯医者でも見られるように、歯垢や歯石は放置すると虫歯菌を含む様々な細菌の温床となり、虫歯や歯周病など重篤な歯の病気を引き起こします。そのため虫歯や歯周病を防ぐためにはまずこうした歯石や歯垢が定着しないように適切なセルフケアを行う必要があるのですが、京都の歯医者でも歯磨きの指導や定期健診など徹底して予防歯科による対策が行われています。 京都の歯医者では具体的な歯磨きの方法まで指導していますが、いくら歯磨きの方法が正しくても歯ブラシが適切なものでなければ十分なプラークコントロールは出来ません。しかし、一概にどの歯ブラシが優れているか判断することが出来ず、京都の歯医者でもそれぞれの歯の形状や歯茎の状態により歯ブラシ選びの指導が行われます。 ここでは京都の歯医者でも行われている自分に合った歯ブラシの選び方について解説していきます。まず京都の歯医者でも注目され、歯ブラシ選びで重要な点は毛の硬さです。ドラッグストアにいくとコーナーを埋め尽くすように歯ブラシが並んでいますが、それらはそれぞれ毛の硬さでタイプ分けすることが出来ます。柔らかい毛先から硬い毛先までかなり細かく段階分けされていますが、毛の硬さによって歯磨きの結果は大きく違ってきます。一般的に毛が硬くなればなるほ歯の表面の歯垢を取り除くことが可能なのですが、硬い毛先で歯肉を痛めてしまうことがあります。一方柔らかい毛先は歯肉には優しいのですが、歯の表面にこびりついた歯垢を落とす力が弱まってしまいます。このように両者メリットとデメリットがあるのですが、個々人の歯肉の状態など状況に応じて使い分ける必要があります。 具体的には歯を磨いている際に歯茎に痛みが走るようでは毛が硬すぎるといえますが、歯垢が残っている状態は中々個人で判断することは難しいと言えます。そのため京都の歯医者などでも行っている定期健診で歯垢の定着や磨き残しを見てもらい、適切な歯ブラシを医師に質問するというのも一つの方法です。 またヘッド部分の大きさも重要です。奥歯など磨きにくい箇所には歯垢や食べかすが残りやすいですが、あまりにも大きなヘッドでは奥歯まで物理的に届かないということもあります。そのためご自身の骨格の形状や口の大きさに合わせて無理の無い範囲でヘッドの大きさを選ぶ必要があります。 このように適切で自分に合った歯ブラシを選ぶには、自分の歯茎の状態や骨格の状態などを十分知っておく必要があります。京都の歯医者では定期健診でこうした歯ブラシ選びの指導も行っていますので、ぜひ一度ご相談に訪れてください。
診療時間
9:30~13:30
*受付12:45まで
15:00~20:00
*受付19:30まで

△…9:00~13:30(*受付12:45まで) / 14:30~18:30(*受付18:00まで)

※金曜・日曜以外の国民の祝日は診療しております。
(9:00~13:30、14:30~18:30)

メールでの相談

診察・相談のご予約はこちら
0120-118-284 ※無料相談のお時間は17:30まで
〒604-8152
京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町670 京都フクトクビル2階

四条烏丸グリーン歯科

〒604-8152
京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町670 京都フクトクビル2階 [MAP]

0120-118-284※無料相談のお時間は17:30まで

pagetop