京都でインプラント・歯科矯正なら、「四条」駅徒歩1分の四条烏丸グリーン歯科(緑和会)へ

診療のご予約お問い合わせは
0120-118-284

※無料相談のお時間は17:30まで

平日夜8時半まで診療
土曜・祝日診療
アクセス・診療時間はこちら

医療法人 緑和会|四条烏丸グリーン歯科

コラムCOLUMN

歯根破折とは何か

2015.11.16

日本人が歯を失う原因の第一位は歯周病で、第二位が虫歯と言われていますが、第三位の歯根破折はあまり一般の方には馴染みのない名前ではないでしょうか。実は京都の歯医者でも比較的幅広い年齡の方がこうした歯根破折で治療に訪れるのですが、そもそも歯根破折とはどのような状態を指し、どのようなことが原因で起こるのでしょうか。ここでは歯を失うリスクとなる歯根破折について、京都の歯医者での治療例を見ながら解説していきます。
まずは歯根破折の定義から見ていきましょう。歯根破折とは文字通り歯の根である歯根が割れてりまうことなのですが、これは事故や物理的なダメージによって起こるものだけではありません。もちろん京都の歯医者でも何らかの外的なダメージによって歯の一部や全てを破損するようなケースもありますが、歯根破折では他にも様々な原因によって引き起こされます。一般的に京都の歯医者でも歯根破折と診断されるケースでは、歯の頭ではなく歯茎の中に埋もれている根が割れてしまうことです。歯は表面に出ている部分が全てではなく、歯茎にもその根が深く存在します。本来なら歯をしっかりと支える役割のこの根が割れてしまうのですが、当然根本がグラついた歯は抜け落ちるリスクも高くなってしまい、京都の歯医者でも末期では抜歯も選択肢として取られます。
ではこうした歯根破折はどのような症状を引き起こすのでしょうか。京都の歯医者で比較的よく報告される症状としては歯の痛みや歯茎の腫れがあります。これは口の中の細菌などが割れた部分から骨に入り込んでしまうためですが、初期段階では知覚過敏と似た症状を引き起こすため、中々一般の方ではその症状の判断は難しいと言えます。段々と症状が進行していくと歯がしみるなどの段階から、虫歯のようにズキズキと痛い状態になります。その後歯茎がうずくようになり、見た目にも歯茎の腫れがわかるようになります。こうなると京都の歯医者でも異常を訴え来院される方が多いのですが、ではそもそもどのようなことが原因で歯根破折は起こるのでしょうか。
京都の歯医者でのケースを見ていきましょう。まず先ほど挙げたような事故など外部のダメージが誘引となるケースがあります。これは外的なダメージによって歯の表面から歯根までが割れてしまい、その隙間から細菌が侵入してしまうというものです。
また神経を取った歯も割れやすくなっています。神経を失った歯は水分量が極端に低くなりますが、乾燥して脆くなった状態で咀嚼など強い負荷がかかると根本から割れてしまうことがあるのです。この他にもブリッジや金属の土台が原因になるケースなど様々な事例が報告されているので、自分には関係ないと思った方もぜひ違和感を感じた方は来院して下さい。

診療時間
9:30~13:30
*受付12:45まで
15:00~20:00
*受付19:30まで

△…9:00~13:30(*受付12:45まで) / 14:30~18:30(*受付18:00まで)

※金曜・日曜以外の国民の祝日は診療しております。
(9:00~13:30、14:30~18:30)

メールでの相談

診察・相談のご予約はこちら
0120-118-284 ※無料相談のお時間は17:30まで
〒604-8152
京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町670 京都フクトクビル2階

四条烏丸グリーン歯科

〒604-8152
京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町670 京都フクトクビル2階 [MAP]

0120-118-284※無料相談のお時間は17:30まで

pagetop