京都でインプラント・歯科矯正なら、「四条」駅徒歩1分の四条烏丸グリーン歯科(緑和会)へ

診療のご予約お問い合わせは
0120-118-284

※無料相談のお時間は17:30まで

平日夜8時半まで診療
土曜・祝日診療
アクセス・診療時間はこちら

医療法人 緑和会|四条烏丸グリーン歯科

コラムCOLUMN

歯周病の治療方法

2015.10.19

歯周病は日本人が歯を失う原因の一つですが、京都の歯医者での例を見てみても中年期以降は特にリスクが高まるので多くの方がしっかりと予防していく必要のある病気です。しかし、歯周病は決して治療不可能な病気ではなく、自宅でのセルフケアやクリニックでの適切な処理により早期に治療することで、抜歯など最悪の状態を避けることが出来ます。ここでは京都の歯医者の例を見ながら歯周病の治療方法について見ていきましょう。 京都の歯医者を含む多くのクリニックで提唱している歯周病の治療方法の概念として「予防」「診断」「治療」「メンテナンス」という流れが重要です。まず予防とはそもそも歯周病にならないように事前に対策をすることを意味しますが、そもそも歯周病とは何かを知っていなければ予防を行う事は出来ません。歯周病とは口腔内に残った細菌の塊である歯垢や歯石が歯周病の原因菌である物質を放出することにより、歯肉などが炎症を起こす病気です。炎症は軽度なものでは痛みも無く、京都の歯医者でもこの段階で通院される方は少ないですが、重症化すると炎症による侵食で歯周ポケットの溝が深くなり歯がぐらつき始め、最悪の場合抜歯を行う必要もあるため早急な治療が必要です。 こうした抜歯に至るケースは京都の歯医者でもよく見られますが、予防をしっかりと行うことによりそのリスクを大幅に減らすことが出来ます。歯周病の予防とはそもそも歯周病の原因菌の温床となる歯垢をケアすることですが、日々の歯ブラシやフロスなどを念入りに行うことが大きな対策になります。 そして診断では文字通り歯科医による専門的なケアの段階になります。京都の歯医者でも言えることですが、歯周病は初期段階ではほとんど自覚症状が無いため、早期で通院される方は稀です。そのため定期検診などで初期段階のうちに発見されることが望ましいのですが、そのためには定期的に診断を受けるという予防意識が重要になります。 そしていよいよ歯周病の治療ですが、まずは歯肉の中に入り込む歯垢や歯石を除去することから始まります。これは歯周病の細菌を放出する原因となる歯石や歯垢を徹底的に取り除き口の中を清潔な状態に保つためですが、歯周病の治療には欠かせないプロセスになります。次に歯周病の侵食により傷んだ歯肉や骨を治療し、健康な口内を取り戻すという作業が行われますが、初期檀家では抜歯の必要もないため、それほど大掛かりな治療になることもありません。 そして京都の歯医者でもその後はメンテナンスという段階に入りますが、これはその後も歯周病を引き起こさないためにも自宅でのセルフケアや定期的な健診などを続けていくということを意味します。 このように歯周病の治療は場当たり的な対処療法ではなく、事前のセルフケアやその後のメンテナンスなど様々な対応が必要になってくるので、ぜひ京都にお住まいの方はお近くの歯医者で定期的に健診を行い、しっかりと対策して下さい。
診療時間
9:30~13:30
*受付12:45まで
15:00~20:00
*受付19:30まで

△…9:00~13:30(*受付12:45まで) / 14:30~18:30(*受付18:00まで)

※金曜・日曜以外の国民の祝日は診療しております。
(9:00~13:30、14:30~18:30)

メールでの相談

診察・相談のご予約はこちら
0120-118-284 ※無料相談のお時間は17:30まで
〒604-8152
京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町670 京都フクトクビル2階

四条烏丸グリーン歯科

〒604-8152
京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町670 京都フクトクビル2階 [MAP]

0120-118-284※無料相談のお時間は17:30まで

pagetop