京都でインプラント・歯科矯正なら、「四条」駅徒歩1分の四条烏丸グリーン歯科(緑和会)へ

診療のご予約お問い合わせは
0120-118-284

※無料相談のお時間は17:30まで

平日夜8時半まで診療
土曜・祝日診療
アクセス・診療時間はこちら

医療法人 緑和会|四条烏丸グリーン歯科

コラムCOLUMN

歯周病と全身疾患の差異

2015.10.21

お口の中にひそむ細菌によって歯の周りの組織である歯肉や歯槽骨、セメント質、歯根膜などが炎症と破壊を繰り返して進行してゆく歯周病は、これまではお口の中だけの病気と考えられてきました。

歯周病はお口の中だけに影響を及ぼす病気であり、全身疾患とは違う、つまり歯周病は全身疾患と差異がある病気と考えられていたのです。

しかし近年の研究結果により、お口の中だけの病気と考えられていた歯周病は糖尿病や心臓疾患などの全身疾患に大きく関係している事が明らかになり始めています。

今回は、お口の中だけの病気と捉えられて全身疾患とは差異があるとされてきた歯周病がどのような悪影響を全身に及ぼすのかについてお話をさせていただきます。

■歯周病と糖尿病の関係性について

糖尿病になると、血糖値が常に高い状態が続き、歯茎などの血流にも影響して歯周病を悪化させると言われています。

歯周病を改善させる事で歯茎が健康になり、その結果体内のインスリンが働きやすい環境が作り出され、糖尿病が改善する可能性があるとされています。

■歯周病と心臓疾患の関係性について

心臓疾患はストレスや食生活の乱れ、運動不足などが原因となって引き起こされる病気ですが、歯周病が心臓疾患を引き起こす可能性があると近年では考えられるようになりました。

歯周病によって歯茎などから血液内に炎症を引き起こす原因物質が侵入し、炎症を起こす物質が心臓に到達して心臓の血管に悪影響を及ぼすおそれがあると言われています。

■歯周病と誤嚥性肺炎の関係性について

年齢を重ねると食べ物や唾液を飲み込む力が徐々に衰えてきて自分が食べた食べ物や唾液を誤って器官に入り、さらに肺の中に入って炎症を引き起こす事があります。

これが誤嚥性肺炎です。

誤嚥性肺炎は唾液に含まれている細菌が肺炎を引き起こす事が明らかになっており、お口の中にひそむ細菌が増殖した状態である歯周病と関係があると言われています。

■骨粗しょう症

骨粗しょう症は高齢となった人や長い間の生活習慣によって骨がもろくなってしまう病気ですが、骨粗しょう症によって骨がもろくなると、歯を支えている顎の骨の一部である歯槽骨の骨量が減ったり顎の骨が薄くなる事で歯周病が悪化する事があります。

【歯周病予防は京都府の京都の歯医者でプロによるケアを受ける事をおすすめします】

虫歯予防や歯周病予防は自ら行う事が出来る毎日の歯磨きに加えて歯の専門家である歯医者や歯科衛生士によるプロのケアも合わせて行う事が重要です。

全国の歯医者の中でも京都府内の京都の歯医者は特にプロケアに力を入れている歯医者が多い事で知られており、歯医者が行う予防歯科のモデルとして京都府内の京都の歯医者が取り上げられる事も少なくありません。

虫歯予防や歯周病予防について詳しく知りたい、またはプロによるケアを受ける事をご検討中の方は、京都府内の京都の歯医者でプロケアのご相談をされる事をおすすめします。

診療時間
9:30~13:30
*受付12:45まで
15:00~20:00
*受付19:30まで

△…9:00~13:30(*受付12:45まで) / 14:30~18:30(*受付18:00まで)

※金曜・日曜以外の国民の祝日は診療しております。
(9:00~13:30、14:30~18:30)

メールでの相談

診察・相談のご予約はこちら
0120-118-284 ※無料相談のお時間は17:30まで
〒604-8152
京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町670 京都フクトクビル2階

四条烏丸グリーン歯科

〒604-8152
京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町670 京都フクトクビル2階 [MAP]

0120-118-284※無料相談のお時間は17:30まで

pagetop