京都でインプラント・歯科矯正なら、「四条」駅徒歩1分の四条烏丸グリーン歯科(緑和会)へ

診療のご予約お問い合わせは
0120-118-284

※無料相談のお時間は17:30まで

平日夜8時半まで診療
土曜・祝日診療
アクセス・診療時間はこちら

医療法人 緑和会|四条烏丸グリーン歯科

コラムCOLUMN

歯ブラシの選び方

2015.10.03

虫歯を予防する為にもっとも重要なオーラルケアグッズとなる「歯ブラシ」。

歯ブラシを使って歯磨きをする事は一番重要なオーラルケアですが、歯ブラシはその人に合った形状の歯ブラシを使う事でさらにオーラルケアの効果を高める事が出来ます。

今回は、人それぞれにあった「歯ブラシの選び方」について詳しくご紹介をさせていただきます。

■まずは「毛のかたさ」を決めます

自分に合った歯ブラシを選ぶ場合には、まず最初に歯ブラシの「毛のかたさ」を自分の歯の状況に合わせて選ぶ事をおすすめします。

歯ブラシの毛のかたさには一般的には「かため」、「ふつう」、「やわらかめ」の3種類がありますが、この中でも一番おすすめなのは「ふつう」の毛のかたさの歯ブラシです。

「ふつう」の毛のかたさの歯ブラシをおすすめする理由としては、「かため」や「やわらかめ」の毛のかたさの歯ブラシでは歯を磨く際の力加減にコツが必要になってくる事と、適度なかたさを持つ「ふつう」の歯ブラシは比較的どなたにでも使いやすい歯ブラシの毛のかたさである為です。

ただし、「ふつう」の毛のかたさでは歯茎が痛くなったり歯茎から出血してしまう、という人の場合には歯ブラシの毛のかたさは「やわらかめ」でも構いませんし、歯磨きの力が弱い人には「かため」の毛のかたさの歯ブラシが向いている場合もあります。

■歯ブラシの材質や持ち手の形について

歯ブラシのブラシ部分の材質については、耐久性があってしっかりとコシがある歯ブラシであれば問題ありません。

また、歯ブラシの持ち手の形状も歯ブラシを使う人が磨きやすいと感じる事が出来ればその歯ブラシはその人にとって持ちやすい良い歯ブラシ、という事になります。

■フロスや歯間ブラシ、タフトブラシを使う事も重要です

歯ブラシを選ぶ時にはメインの歯ブラシとして歯ブラシを選ぶ事以外にも、フロスや歯間ブラシ、そしてタフトブラシなどの特殊な形状の歯ブラシを併用する事でより隅々まで歯を磨く事が出来るようになります。

特にフロスや歯間ブラシで歯の間の汚れや歯垢を落としたり、タフトブラシと呼ばれる小さな歯ブラシを使って奥歯や親知らずの磨きにくい部分を丁寧に磨く事でこれらの奥歯や親知らずなどが虫歯になる確率を下げる事が出来ます。

【歯ブラシ選びは京都の歯医者に相談してみる事をおすすめします】

京都府にある京都の歯医者は歯ブラシ選びなど、患者さんの立場に立ったオーラルケア指導を行っている事で知られています。

京都府の京都の歯医者では歯医者の院内で歯医者がおすすめをする歯ブラシを患者さんに安価で販売している歯医者も多いです。

市販の歯ブラシを使うのも京都の歯医者で販売している歯ブラシを使うのももちろんどちらでも良いのですが、歯ブラシ選びに迷っている時は京都府の京都の歯医者で販売している歯ブラシを選んでみるのも良いかもしれませんね。

診療時間
9:30~13:30
*受付12:45まで
15:00~20:00
*受付19:30まで

△…9:00~13:30(*受付12:45まで) / 14:30~18:30(*受付18:00まで)

※金曜・日曜以外の国民の祝日は診療しております。
(9:00~13:30、14:30~18:30)

メールでの相談

診察・相談のご予約はこちら
0120-118-284 ※無料相談のお時間は17:30まで
〒604-8152
京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町670 京都フクトクビル2階

四条烏丸グリーン歯科

〒604-8152
京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町670 京都フクトクビル2階 [MAP]

0120-118-284※無料相談のお時間は17:30まで

pagetop