京都でインプラント・歯科矯正なら、「四条」駅徒歩1分の四条烏丸グリーン歯科(緑和会)へ

診療のご予約お問い合わせは
0120-118-284

※無料相談のお時間は17:30まで

平日夜8時半まで診療
土曜・祝日診療
アクセス・診療時間はこちら

医療法人 緑和会|四条烏丸グリーン歯科

コラムCOLUMN

歯ブラシの種類と効果

2015.12.11

京都の歯医者でも虫歯や歯周病で通院されている方が大勢いらっしゃいますが、その多くが日頃の歯ブラシ等セルフケアの欠陥です。もちろん歯並びや骨格など先天的に歯垢が停滞しやすい方もいらっしゃいますが、京都の歯医者で見られるほとんどのケースでは正しい歯ブラシの選び方を知っていれば対処出来る状態です。ここでは京都の歯医者でも推奨されている正しい歯ブラシの選び方について、歯ブラシの種類とその効果について解説していきます。

まず一口に歯ブラシと言ってもその種類は膨大な数になることをご理解頂けると思います。京都の歯医者やドラッグストアの歯ブラシコーナーには様々な形状の歯ブラシが並んでいますし、ネットの專門ショップなどでは日本製のものから海外製のものまで様々な種類が販売されています。それらを歯列矯正時用や乳児用など細かく分けることも出来ますが、ここでは一般的な歯ブラシの種類について見ていくために、毛先の種類と毛の硬さについてそれぞれ効果を見ていきましょう。

現在京都の歯医者やドラッグストアで購入可能な製品では、ラウンドカット毛と超繊細毛が主流になっています。それぞれ毛先の形状に特徴のあるものですが、ラウンドカットとは毛先が丸く加工されているので、歯肉を傷つけないように歯を磨くことが可能です。一方超繊細毛も最近京都の歯医者や店舗でよく見かけるようになりましたが、文字通り毛先がかなり細くなった形状をしています。その効果としては細い毛先が歯周ポケットの中にまで入り込めるので、隅々まで磨くことが出来ます。

また毛の硬さもやわらかめから普通、さらには硬めというものが存在します。歯の表面や歯周ポケットに付着したプラークを除去するためにはある程度の硬さが必要になりますが、硬すぎると歯肉が弱い方の場合出血や歯茎を痛めてしまうことがあります。そのため大まかには毛が硬ければ硬いほど歯垢除去力は向上し、柔らかければ柔らかいほど歯肉へのダメージも少ないと言えます。

このように歯ブラシには毛のカット方法や硬さなど様々な種類に分類することが可能です。一概にどの歯ブラシが優れているかここで判断することは出来ませんが、ご自身の歯肉や歯垢の状況などにより、プロに判断してもらうことが重要です。

京都の歯医者では予防歯科の一環でこうした普段使用している歯ブラシが適切かどうかを見てくれますし、磨き方の指導や歯ブラシ選びの指導も受けることが出来ますので、ぜひ歯ブラシ選びでお悩みの方は京都のお近くの歯医者で健診とセルフケアの指導をお受け下さい。

診療時間
9:30~13:30
*受付12:45まで
15:00~20:00
*受付19:30まで

△…9:00~13:30(*受付12:45まで) / 14:30~18:30(*受付18:00まで)

※金曜・日曜以外の国民の祝日は診療しております。
(9:00~13:30、14:30~18:30)

メールでの相談

診察・相談のご予約はこちら
0120-118-284 ※無料相談のお時間は17:30まで
〒604-8152
京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町670 京都フクトクビル2階

四条烏丸グリーン歯科

〒604-8152
京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町670 京都フクトクビル2階 [MAP]

0120-118-284※無料相談のお時間は17:30まで

pagetop