京都でインプラント・歯科矯正なら、「四条」駅徒歩1分の四条烏丸グリーン歯科(緑和会)へ

診療のご予約お問い合わせは
0120-118-284

※無料相談のお時間は17:30まで

平日夜8時半まで診療
土曜・祝日診療
アクセス・診療時間はこちら

医療法人 緑和会|四条烏丸グリーン歯科

コラムCOLUMN

歯を削ることの悪影響とは

2015.10.28

 歯医者さんで、虫歯や歯の治療で矯正をする場合などに歯を削ることがあります。歯医者さんで歯の治療を受ける場合で、虫歯治療であれば虫歯になっている部分を削ってそこに金属のかぶせ物を使用するという治療方法がよく行われます。  歯を削る第一の理由としては、むし歯などになっている部分を取り除くためです。虫歯の場合には、外側に見える部分よりも虫歯が進行していて非常に多くの部分の歯を削ってしまう場合もあります。また、歯を削る理由として、削った後にはめ込む金属器具などの厚みを確保したり、かぶせ物が取れにくくするという理由もあります。  このように虫歯などを治療する場合には歯を削ることが当たり前のように行われていて、その治療方法に疑問を持つ人も少ないといえますが、歯を削ることによるデメリットが存在するので注意が必要といえます。  歯医者さんの治療で歯を削ってしまうデメリットとしては様々な問題が起こりうるといえます。  たとえば、歯を削ってしまうので厚みが薄くなってしまうために歯の強度が落ちてしまって、硬いものをかんだり、歯を強くかみ合わせたりしただけで割れやすくなってしまったり、歯の中心部に埋まっている歯の神経に近づいてしまうために、冷たいものなどを食べたときに痺れを感じる知覚過敏になる可能性があったりして、歯を削ってしまったために逆に歯に関わるトラブルを抱えてしまう場合もあるといえます。  歯を削ってしまった影響で、頭痛や肩こり、めまいといった症状が出てしまう人もいますし、かみあわせが悪くなって内蔵の調子が悪くなったり、体の様々な部分に不調が出てくる場合もあります。それだけ歯は体の健康に関しては重要な位置を占めているともいえて、歯を削ることによって体調不良を引き起こすことにもなるので、歯を削らずにすむように大切にすることは重要だともいえます。   ですから、虫歯になってしまったら歯医者さんで歯を削ってもらって詰め物などをすればよいと考えるのは安易な考え方で、一番理想的なのは虫歯にならないように常に予防するということです。歯医者さんでは、虫歯にならないようにさまざまな手法を教えてもらうことも出来ます。  京都市内にもたくさんの歯医者さんが開業しているので、歯の治療に関して歯医者さんに相談することがおすすめですし、歯を削らずにすむように平素から予防を心がけて歯医者さんでメンテナンスをうけることが理想的であるといえます。
診療時間
9:30~13:30
*受付12:45まで
15:00~20:00
*受付19:30まで

△…9:00~13:30(*受付12:45まで) / 14:30~18:30(*受付18:00まで)

※金曜・日曜以外の国民の祝日は診療しております。
(9:00~13:30、14:30~18:30)

メールでの相談

診察・相談のご予約はこちら
0120-118-284 ※無料相談のお時間は17:30まで
〒604-8152
京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町670 京都フクトクビル2階

四条烏丸グリーン歯科

〒604-8152
京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町670 京都フクトクビル2階 [MAP]

0120-118-284※無料相談のお時間は17:30まで

pagetop