京都でインプラント・歯科矯正なら、「四条」駅徒歩1分の四条烏丸グリーン歯科(緑和会)へ

診療のご予約お問い合わせは
0120-118-284

※無料相談のお時間は17:30まで

平日夜8時半まで診療
土曜・祝日診療
アクセス・診療時間はこちら

医療法人 緑和会|四条烏丸グリーン歯科

コラムCOLUMN

歯の構造を知る

2015.11.25

京都の歯医者で、歯の治療をしてもらったことがあるという人も多いと思います。

虫歯の治療などで、京都の歯医者に通う人も多いですが、歯の構造について詳しく知っているという人はあまりいないのではないでしょうか。

そこで、歯の構造についてご紹介します。

まず、歯というものは、もともと非常に頑丈な構造となっています。

昔から、肉をかみ切ったり、身を食べたりすることが出来ましたので、非常に強い歯を人間は持っているのです。

京都の歯医者では、このように、歯の構造を患者さんに説明することも多いです。

まず、歯の構造ですが、歯茎の中に潜り込んでいる部分なども知っておく必要があります。

歯というものは、まずは、表面部分から、エナメル質そして、象牙質、そして歯髄、セメント質さらには歯根膜、歯槽骨が重なり合っています。

そして、歯茎についているのです。

歯の根っこである部分が入っているのが根尖孔となっています。

歯の見えている部分などをまとめて歯冠と呼びますし、そしてさらには、歯と歯茎の境目辺りの部分などを歯頸部と呼び、歯茎の中に入っている部分などを歯根と呼ぶのです。

歯と言うのは、このような構造で出来ています。

歯というものは、本来は強いものとなっていますが、手入れなどを怠ってしまいますと、すぐに虫歯、歯槽膿漏などとなってしまいます。

このため、定期的に京都の歯医者に通い、メンテナンスをする必要があります。

歯が悪くなってしまうと、歯だけではなく、身体全体のさまざまな部分に悪影響を与えてしまうのです。

ですので、歯に変調を感じた場合には、すぐに京都の歯医者を訪ねるようにしましょう。

そして、必ず適切な治療を受けることが大切です。

さらに、京都の歯医者で、歯の治療をするときに歯の構造をしっかりと知っていると、歯科医がこれからどのような治療をしているのか、と言うことなどが分かります。

また、京都の歯医者での治療において、歯がどの部分に関わっているのかと言うことが分かりますし、今、何が起こっているのか、ということなども理解することができるのです。

歯と言うものは、自分の体の一部となりますので、京都の歯医者で、定期的にメンテナンスをすることが必要となります。

なぜなら、歯と言うものは、一度悪くなると、再生するということはほとんどないので、治療をしないとどんどん悪くなってしまうのです。

何か症状がある場合などは、すぐに京都の歯医者に行って、相談をしてみることをお勧めします。

診療時間
9:30~13:30
*受付12:45まで
15:00~20:00
*受付19:30まで

△…9:00~13:30(*受付12:45まで) / 14:30~18:30(*受付18:00まで)

※金曜・日曜以外の国民の祝日は診療しております。
(9:00~13:30、14:30~18:30)

メールでの相談

診察・相談のご予約はこちら
0120-118-284 ※無料相談のお時間は17:30まで
〒604-8152
京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町670 京都フクトクビル2階

四条烏丸グリーン歯科

〒604-8152
京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町670 京都フクトクビル2階 [MAP]

0120-118-284※無料相談のお時間は17:30まで

pagetop