京都でインプラント・歯科矯正なら、「四条」駅徒歩1分の四条烏丸グリーン歯科(緑和会)へ

診療のご予約お問い合わせは
0120-118-284

※無料相談のお時間は17:30まで

平日夜8時半まで診療
土曜・祝日診療
アクセス・診療時間はこちら

医療法人 緑和会|四条烏丸グリーン歯科

コラムCOLUMN

歯から起こる主な病気

2015.12.02

京都の歯医者では、歯から起きることのある病気の予防に注目が集まっています。 歯と言うのは、虫歯になったら治療すればいいものである、と考えている人も多いですし、京都の歯医者では、歯から重大な病気が起こる可能性はないと思っている人も多いです。 しかし、実は京都の歯医者では、歯の病気から、さまざまな病気を引き起こしてしまうというケースが多く、病気の予防に注目が集まっているのです。 まず、京都の歯医者では、どのような症状の方が多いのでしょうか。 まず、京都の歯医者で特に多いのが、歯周病の患者さんです。 歯周病は、最初のうちは自覚症状がなく、気が付くと進行していて、歯茎の腫れ、出血などが起こり、酷くなると歯が抜け落ちてしまうという歯の病気になります。 こちらの歯周病は、歯と歯茎の隙間に歯石が溜まってしまうという歯の病気で、京都の歯医者で定期的にメンテナンスをしてもらう必要があります。 こちらの歯周病を放置していると、さまざまな病気を引き起こしてしまうケースがあります。 こちらの歯周病菌は、実は血液中から、全身を駆け巡るとされており、肺、または心臓などにも影響を及ぼしてしまう可能性があります。 たとえば、食べ物や飲み物などを飲み込んだりするときに、食道だけではなく、気管に入ってしまうことがあります。 この時に、歯周病菌が一緒に入り込んでしまうと、さまざまな症状を引き起こしてしまいます。 たとえば、歯周病菌がいっしょに入り込んでしまうことで、感染し、肺炎を起こしてしまうことなどがあります。 これを誤嚥性肺炎と言います。 さらには歯周病菌が入り込んでしまうと、脳卒中の原因となってしまったり、または心臓疾患の原因ともなりかねません。 歯周病との関係ですが、まずは歯周病菌が血液中に侵入してしまい、血管壁の細胞などに炎症を起こしてしまいます。 これが、動脈硬化の進行などに一役かってしまうという可能性があるのです。 このように、動脈硬化が引き起こされることで、脳卒中や、心臓疾患などの原因となってしまうのです。 このため、歯周病にならないように、普段から京都の歯医者で予防をすることが大切となります。 京都の歯医者では、歯周病の予防を心がけている歯医者も多く、定期的にメンテナンスを行うことが薦められています。 このような歯石は、普段のブラッシングでは十分にとれません。 このため、京都の歯医者で、定期的に歯石などをとってもらい、機械的に歯石を除去することが必要なのです。
診療時間
9:30~13:30
*受付12:45まで
15:00~20:00
*受付19:30まで

△…9:00~13:30(*受付12:45まで) / 14:30~18:30(*受付18:00まで)

※金曜・日曜以外の国民の祝日は診療しております。
(9:00~13:30、14:30~18:30)

メールでの相談

診察・相談のご予約はこちら
0120-118-284 ※無料相談のお時間は17:30まで
〒604-8152
京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町670 京都フクトクビル2階

四条烏丸グリーン歯科

〒604-8152
京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町670 京都フクトクビル2階 [MAP]

0120-118-284※無料相談のお時間は17:30まで

pagetop