京都でインプラント・歯科矯正なら、「四条」駅徒歩1分の四条烏丸グリーン歯科(緑和会)へ

診療のご予約お問い合わせは
0120-118-284

※無料相談のお時間は17:30まで

平日夜8時半まで診療
土曜・祝日診療
アクセス・診療時間はこちら

医療法人 緑和会|四条烏丸グリーン歯科

コラムCOLUMN

日本と海外の予防歯科への認識の差

2015.11.06

 歯に関する意識は日本と海外では大きく異なることをご存知でしょうか。特に最近では、歯医者さんで行われる治療において、予防歯科という言葉がよく使用されますが、歯医者さんでの治療に対しての考え方も日本と海外では大きく異なります。  日本人は、歯医者さんといえば、虫歯を削ったり、なくなった歯を入れ歯などで取り戻すところといったイメージを持っているはずです。ですが、外国では、歯に関しては歯医者さんでの治療の前に、歯医者さんに行かずにすむように虫歯にならないように予防するという意識が強いといえます。  日本は世界一の長寿大国ですが、しかし、80歳の日本人の残っている歯の数は平均が6.8本に対して、85歳のアメリカ人の平均は15.8本、75歳のスウェーデン人の平均は19.5本と、日本人は年をとっていくと歯が残らないという現状です。  国によってどうしてこのような違いがあるのかを考えて見ると、一番の違いはやはり、歯に対してメンテナンスをどれだけしているかということです。日本人は、虫歯になったりしたら歯を削ったらいいと安易な考えを持っている人も多いですが、一度削った歯は二度と元通りにはならないので、本来は大切にしなければいけません。歯は自分で再生できないので、歯を削るような状況にさせてはだめで、この部分に関しての意識が海外はしっかりしています。  日本は、虫歯になったらどのようにその治療をするかということに重点がおかれがちですが、諸外国は、どうしたら歯の病気を防ぐことができるのかというところを重点に考えます。この意識の違いが、年をとってからの歯が残る率の違いにも現れているともいえます。  また、諸外国と日本では、歯医者さんを利用する形態もことなります。日本では虫歯になってから、歯医者さんに通う人が多いですが、海外は予防のために通うという考え方が浸透しています。痛くなって困る状態になってから歯医者さんに行くのと、痛くならないように定期的に診察に行くのとでは全く効果が異なりますし、根本的な考え方が変わっているともいえます。  ですが、最近の日本では変化も生じてきて、京都市内にもたくさんの歯医者さんがあるので、虫歯にならないために通院して見ることもお勧めです。最近では予防歯科の観点から様々なケアをしてくれる歯医者さんが日本にも増えてきていますので、そのような歯医者さんで治療を受けると、長く健康な歯を維持し続けることが出来るともいえます。
診療時間
9:30~13:30
*受付12:45まで
15:00~20:00
*受付19:30まで

△…9:00~13:30(*受付12:45まで) / 14:30~18:30(*受付18:00まで)

※金曜・日曜以外の国民の祝日は診療しております。
(9:00~13:30、14:30~18:30)

メールでの相談

診察・相談のご予約はこちら
0120-118-284 ※無料相談のお時間は17:30まで
〒604-8152
京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町670 京都フクトクビル2階

四条烏丸グリーン歯科

〒604-8152
京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町670 京都フクトクビル2階 [MAP]

0120-118-284※無料相談のお時間は17:30まで

pagetop