京都でインプラント・歯科矯正なら、「四条」駅徒歩1分の四条烏丸グリーン歯科(緑和会)へ

診療のご予約お問い合わせは
0120-118-284

※無料相談のお時間は17:30まで

平日夜8時半まで診療
土曜・祝日診療
アクセス・診療時間はこちら

医療法人 緑和会|四条烏丸グリーン歯科

コラムCOLUMN

支台歯とは何か

2015.11.13

歯周病は年齢を重ねるとリスクが増大しますが、京都の歯医者を訪れる患者の方々を見てみても歯周病は日本人が歯を失う大きな原因となります。さらに高齢になると歯周病だけでなく詰め物や被せ物をした歯が寿命を迎えたり、様々な理由で残存する歯が少なくなることがあります。京都の歯医者でもこうした患者の方が多く来院されますが、事故など外部からの衝撃によっても歯を失ったり欠けてしまうこともあるので、若い方から高齢者まで多くの方が治療を行っています。

そうした中、京都の歯医者では歯を失った方に対して入れ歯やブリッジ、そしてインプラントなどのアプローチで治療を行います。入れ歯やインプラントは京都の歯医者でも保険適用が行えるので、多くの方が選択するのですが、インプラントは自由診療となり保険適用外なので、見た目を気にする女性や前歯など目立つ箇所でよく選択されます。

この中でもブリッジはやや特殊な治療方法で、残存する歯が多い場合や治療を行う歯が一本から二本である場合に適用されます。京都の歯医者でも入れ歯と同じくよく選ばれる手法なのですが、アプローチ方法としては文字通り歯と歯の間に橋を通すような形で義歯を固定します。つまり抜歯した歯の両隣に固定具を装着し、人工の歯を固定します。

この固定具を取り付ける自分の歯の事を支台歯と呼びますが、ブリッジの治療を行う場合この支台歯に少なからず影響が加わります。京都の歯医者でも術後観察でよく見られることですが、支台歯には咀嚼時に大きな圧力が加わってしまうので、場合によっては痛みや違和感などが生じることがあります。そのため京都の歯医者でも治療を開始する前には、増えた圧力に十分適用出来るかどうかを検査した上でブリッジが選択されます。さらに支台歯として使用する際には少なからず削る必要がありますが、本来削る必要の無かった健康な歯を削るということは、それだけで大きな損失になります。ご存知の通り歯は一度削ってしまうと決して元に戻ることはないので、間違いなく削ることで歯の寿命を縮めてしまいます。

このようなデメリットを考慮した上でブリッジを選択する必要があるのですが、最近では京都の歯医者でもインプラントの治療例が増えてきました。インプラントはブリッジのように支台歯を使用する必要が無く、骨に直接土台を埋め込むので残存する歯に与える影響は極めて少ないものになります。さらに咀嚼力や見た目の美しさなど多くの点でブリッジよりも優れている治療法になります。もちろん前述のように保険適用外のため治療費が高額になってしまうなど、デメリットもありますが、お悩みの方もぜひ一度ご検討下さい。

診療時間
9:30~13:30
*受付12:45まで
15:00~20:00
*受付19:30まで

△…9:00~13:30(*受付12:45まで) / 14:30~18:30(*受付18:00まで)

※金曜・日曜以外の国民の祝日は診療しております。
(9:00~13:30、14:30~18:30)

メールでの相談

診察・相談のご予約はこちら
0120-118-284 ※無料相談のお時間は17:30まで
〒604-8152
京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町670 京都フクトクビル2階

四条烏丸グリーン歯科

〒604-8152
京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町670 京都フクトクビル2階 [MAP]

0120-118-284※無料相談のお時間は17:30まで

pagetop