京都でインプラント・歯科矯正なら、「四条」駅徒歩1分の四条烏丸グリーン歯科(緑和会)へ

診療のご予約お問い合わせは
0120-118-284

※無料相談のお時間は17:30まで

平日夜8時半まで診療
土曜・祝日診療
アクセス・診療時間はこちら

医療法人 緑和会|四条烏丸グリーン歯科

コラムCOLUMN

入れ歯にならないための対策

2015.11.22

京都の歯医者でも入れ歯やブリッジの治療を行う方は多いですが、当然これらは健康な歯よりも、見た目などの審美性や咀嚼力などの機能面で大きく劣ります。生涯健康な自分の歯でいることが望ましいのは当然なのですが、高齢になればなるほど入れ歯となるリスクは増えてしまいます。
これは単純に高齢者は歯の寿命を迎えるということではなく、京都の歯医者でも生涯健康な歯で暮らす高齢者の方もたくさんいらっしゃるので、何か他の理由があるということになります。入れ歯になるのは当然歯を失ってしまった結果なので、入れ歯にならないためには歯を失わないということが当たり前ですが重要なことになります。
最近では京都の歯医者でもこれまでの対処療法的な歯科治療ではなく、スウェーデンなど北欧で主流となっている予防歯科に取り組んでいますが、入れ歯にならないためにはこうした日々のデンタルケアが重要です。
京都の歯医者を訪れる患者の場合、歯を失ってしまう原因の多くが虫歯や歯周病ですが、こうした予防歯科ではこのような各種の歯の病気を防ぐことからスタートします。歯周病は口腔内に溜まった歯垢や歯石が細菌を放出し、徐々に歯茎や骨まで溶かしてしまう病気なのですが、残念ながら初期段階ではほとんど自覚症状がありません。京都の歯医者のケースを見てみても、歯周病などで治療に訪れる方の多くが末期的な症状で来院されるので、治療を開始する際にはもはや抜歯しか方法がないこともよくあります。そのため予防歯科で定期的に歯科検診を行い、出来るだけ早期の段階で治療を開始するというのがどうしても必要になってくるのです。
京都の歯医者で行われる予防歯科では主に自宅で行うセルフケアとクリニックで行うプロフェッショナルケアを併用しながら行っていくのですが、重要なのはプラークコントロールと虫歯や歯周病の早期発見になります。京都の歯医者でもこうした予防歯科を広く行っていますが、あるデータによると予防歯科で定期的な歯科検診や自宅でのセルフケアを徹底すると、歯周病や将来的に歯を失うリスクが大幅に減少することがわかっているので、健康な歯でいるためにはこうした日々の地道な予防歯科が重要だということがわかります。
このように入れ歯にならないためには、何ら特別な設備や高額な費用が必要な対策ではなく、日々の地道な歯磨きやフロスが大事だと言えます。入れ歯になると食生活が一変するので、口腔内の病気だけでなく、生活習慣病などとも相関関係にあることがわかっています。ぜひ将来後悔しないためにも京都の歯医者で早め早めに健診を受けて下さい。

診療時間
9:30~13:30
*受付12:45まで
15:00~20:00
*受付19:30まで

△…9:00~13:30(*受付12:45まで) / 14:30~18:30(*受付18:00まで)

※金曜・日曜以外の国民の祝日は診療しております。
(9:00~13:30、14:30~18:30)

メールでの相談

診察・相談のご予約はこちら
0120-118-284 ※無料相談のお時間は17:30まで
〒604-8152
京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町670 京都フクトクビル2階

四条烏丸グリーン歯科

〒604-8152
京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町670 京都フクトクビル2階 [MAP]

0120-118-284※無料相談のお時間は17:30まで

pagetop