京都でインプラント・歯科矯正なら、「四条」駅徒歩1分の四条烏丸グリーン歯科(緑和会)へ

診療のご予約お問い合わせは
0120-118-284

※無料相談のお時間は17:30まで

平日夜8時半まで診療
土曜・祝日診療
アクセス・診療時間はこちら

医療法人 緑和会|四条烏丸グリーン歯科

コラムCOLUMN

リーマーとは何か

2015.11.08

虫歯は京都の歯医者に限らず全国的に患者数の多い歯の病気ですが、その症状は初期段階から末期まで大きく異なります。京都の歯医者を訪れる患者の方でも来院時の状態は様々ですが、ずっと虫歯を放置していて、症状が末期の状態になっていることも珍しくありません。そうした場合には虫歯の表面を削り取るだけでなく、最悪の場合神経を取り除く抜髄処置や抜歯が必要になることがあります。 京都の歯医者でもこうした処置が取られることがあるのですが、その際にはリーマーと呼ばれる特殊な医療器具が必要になります。これは京都の歯医者だけでなく全国的に用いられる非常に重要な道具なのですが、一般の方は中々用途も形状もご存知ないでしょう。ここでは京都の歯医者で虫歯治療の際に抜髄を行ったケースを想定し、リーマーの用途と重要性について解説していきます。 まずはそもそも虫歯とはどのような状態かを整理しておきましょう。虫歯はミュータンス菌などの虫歯菌が歯を溶かしていく病気を指しますが、これは歯の表面だけでなく徐々に奥に進み最悪の場合神経にまで到達します。虫歯菌が神経に到達した場合、強烈な痛みが襲うのでこれまで多少の傷みでは京都の歯医者に来なかった方も、ほとんどの方がこの段階で来院されます。 こうした場合、歯を削るだけでなく根管治療を行い、神経を取り除く抜髄という処置が必要になるのですが、その際に使用される器具が先ほどのリーマーになります。リーマーとは押しピンのような形状の道具なのですが、先に刃がついており様々なサイズや形状があります。 このリーマーの特異な形状を使って、ドリルで穴を空けた箇所に差し込み、回転させながら神経や歯質を取り除いて行きます。神経は歯科用のドリルで削るだけでは末端に残ってしまっていますが、その中にはまだ細菌が残っていることがあるので、放置しておくと感染症や膿など重篤な症状を引き起こします。そのためリーマーを用いて綺麗に全ての神経を取り除くことにより、感染症などその他のリスクを予防するという治療になります。 このように根管治療や抜髄においてリーマーは代替え出来ない非常に重要な役割を果たします。神経を取り除く際には強力な麻酔を施しているのでリーマーの工程では痛みは全くありませんが、抜髄後は火傷を負ったように傷がついているので、麻酔が切れた後は強烈な痛みが襲うことがあります。京都の歯医者でも治療後のこのような痛みで虫歯が再発したのではないかと思われる方も多いですが、ほとんどの場合傷が回復する2日から3日で症状が収まります。しかし、稀に細菌が取り残された場合には炎症で痛みが長引くこともありますので、その際には治療を行った京都の歯医者ですぐに見てもらってください。
診療時間
9:30~13:30
*受付12:45まで
15:00~20:00
*受付19:30まで

△…9:00~13:30(*受付12:45まで) / 14:30~18:30(*受付18:00まで)

※金曜・日曜以外の国民の祝日は診療しております。
(9:00~13:30、14:30~18:30)

メールでの相談

診察・相談のご予約はこちら
0120-118-284 ※無料相談のお時間は17:30まで
〒604-8152
京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町670 京都フクトクビル2階

四条烏丸グリーン歯科

〒604-8152
京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町670 京都フクトクビル2階 [MAP]

0120-118-284※無料相談のお時間は17:30まで

pagetop