京都でインプラント・歯科矯正なら、「四条」駅徒歩1分の四条烏丸グリーン歯科(緑和会)へ

診療のご予約お問い合わせは
0120-118-284

※無料相談のお時間は17:30まで

平日夜8時半まで診療
土曜・祝日診療
アクセス・診療時間はこちら

医療法人 緑和会|四条烏丸グリーン歯科

コラムCOLUMN

タバコと歯の深い関係

2015.11.29

京都の歯医者では、タバコを吸っている患者さんも多く来院しますが、ほとんどの歯医者では禁煙が薦められています。

なぜなら、タバコと歯には深い関係があり、タバコは歯に悪影響を及ぼしやすいといわれています。

京都の歯医者では、タバコが良くないといわれていますが、タバコにはどのような悪影響があるのでしょうか。

まず、タバコというのは、有害な物質が多く含まれています。

その中には、発がん性物質なども多く含まれ、タールやニコチンなどは非常に有毒な物質であるといわれています。

このような有害な物質が、歯に悪影響を及ぼしてしまうのです。

たとえば、京都の歯医者では、歯周病の患者さんも多く訪れますが、この歯周病は、タバコと深い関係があるといわれています

喫煙者の歯周病の割合は、とても高く、タバコは歯周病に良くない影響を及ぼすといわれています。

タバコの煙が歯茎に入ると、炎症を起こしやすく、また歯周病菌が増加しやすいといわれています。

このため、歯周病が進行しやすくなってしまうのです。

京都の歯医者では、さまざまな歯周病の患者さんが多いですが、タバコを吸っている人は、歯周病になりやすく、そして治りにくいことが多いとされています。

たとえば、どれだけ定期的に京都の歯医者に通って、歯周病予防のためのスケーリングなどを行っていたとしても、タバコを吸い続けている限り、その意味がなくなってしまう、と研究結果でも出ています。

このように、タバコの煙は、歯茎に、深刻な影響を及ぼしてしまうのです。

また、タバコの煙により、ヤニが歯についてしまい歯そのものが黄色くなってしまったりなど、美観を損ねてしまうケースがあります。

タバコの煙は歯に色素沈着しやすく、歯に深い影響を及ぼしてしまうのです。

また、発がん性の高いタバコの煙によって、口腔内の癌である、舌癌などの可能性が高まってしまうのです。もしも歯を大事にしたいと考えているのであれば、今からでも喫煙をすることをおすすめします。

また、その後京都の歯医者などで、定期的にメンテナンスを行い、歯周病予防をすることが大切です。

まず、自分の歯に異常があるのかもしれないと悩んでいる場合などは、まずは京都の歯医者で相談をしてみることがおすすめです。

他の病気と同様、歯も体の一部となります。

このため、少しでも異常を感じたのであれば、すぐに京都の歯医者に行き、早期発見、早期治療などを行う必要があるのです。

診療時間
9:30~13:30
*受付12:45まで
15:00~20:00
*受付19:30まで

△…9:00~13:30(*受付12:45まで) / 14:30~18:30(*受付18:00まで)

※金曜・日曜以外の国民の祝日は診療しております。
(9:00~13:30、14:30~18:30)

メールでの相談

診察・相談のご予約はこちら
0120-118-284 ※無料相談のお時間は17:30まで
〒604-8152
京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町670 京都フクトクビル2階

四条烏丸グリーン歯科

〒604-8152
京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町670 京都フクトクビル2階 [MAP]

0120-118-284※無料相談のお時間は17:30まで

pagetop